ゼミ長のスケジュール

2022年度の上原研のゼミ長に就任した 荒井 (あらい大先生) です.

研究室説明会で「学生さんのスケジュールを教えてください」という質問をいただいたことがあるので,この回答例を書きます.
ただし,午後から研究室へ来る方もいたり,夜から朝に研究する先輩もいたりしたので,私のスケジュールはあくまで一例です.

スケジュール

1日のスケジュールはこんな感じです.

スケジュールの例

以下で,研究,作業,サークル,自由の内容について説明します.

研究

4月中旬~下旬

こちらの席で,深層学習用のサーバ (JupyterHub) を構築していました.

深層学習用のサーバが置いてある席

深層学習は行列演算を頻繁に行うので,GPU を活用することで学習の高速化が可能です.
そのため,強力な GPU を搭載したマシンを購入し,機械学習用のサーバを構築することになりました.
証明書やOAuth,ユーザ管理機能の導入と,やることが多かったですが学びも多かったです.

5月初旬~現在

自分の席で,データを前処理するためのプログラムを書いています.

自分の席

プログラムを解析した結果が記録されたレポートは,必ずしも機械学習に適した形式のデータとは限りません.
そのため,レポートを機械学習に適した形式のデータへ変換する処理(これを前処理と呼びます)を実装する必要があります.
また,レポートごとにも形式が微妙に異なるので,細かく場合分けしたうえで前処理を実装することが多々あります.
機械学習に関する研究には,泥臭い作業も意外とあるのです.

作業

午前中は簡単な作業を行っていることが多いです.
例えば,

  • メールや Slack のチェック
  • ゼミ等の日程の調整
  • 研究室のWebサイトの制作
  • サークル活動を支援するためのチャットボットの運用や保守

を行っています.

サークル

私はピアノサークルに所属しているので,食休みや研究の区切りがついたときに,部室やホールに立ち寄っています.
そこでピアノを弾いたり,後輩たちに勉強を教えたりしています.

自由

ベッドで寝転んでスマホをいじっていることが多いです.
その内容も,

  • スマホゲーム
  • ネットサーフィン
  • YouTube

で普通の学生と同じような感じだと思います.

数年前は電子ピアノを弾いていたのですが,騒音に厳しくなってしまったので弾けなくなりました.
その結果として,早寝早起きの生活になりましたし,サークルにも復帰しました.

おわりに

上原研学生の一日をイメージできたでしょうか.
繰り返しにはなりますが,あくまで一例ですので,ぜひとも他の学生の一日も聞いてみましょう.

それでは,研究室見学で皆さんとお会いできることを楽しみにしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。