【第1回】研究室学生インタビュー

こんにちは!なかなかみんながブログ書いてくれなくて頭を悩ませているYukimuraです。

今回から、研究室配属を控えたB3に向けて、研究室在籍学生にインタビューをしていきます。「上原研を選んだ理由」「上原研で良かったこと」など、気になるテーマで取材をしてきました。

記念すべき第1回はM2の山元さんにお話を伺いました。

志望理由

ーこんにちは、よろしくお願いします。

山元:M2の山元です。よろしくお願いします。

ーなぜ、サイバーセキュリティ研究室を希望したのですか?

山元:所属しているバレーボールサークルの先輩から、「研究が何でもできるよ!」と勧められたのと、お菓子が食べられるよときいたので。

ー実際に配属されてみてどうでしたか?何でも研究はできましたか?

山元:なんでもやらせてもらってるかなと
これまでの研究結果とかをみてもわかると思うんですけど!
(Yukimura注:研究論文一覧)

ーいまなんの研究をされてるんですか

山元:う〜〜ん、今は、はんこを偽造しています

ーはんこの偽造ですか?それは一体…

山元:はんこの印影からオリジナルのはんこを作る、みたいな研究です。
これができることで、今のはんこってものがどれだけ脆弱かってことがわかるし、技術の発展で、より精巧なものができるようになると思うので、押印することの必要性を問うことができる!って感じですね

ーなるほど、ありがとうございます!

上原研に入ってよかったこと

ー次に上原研に入ってよかったな〜って思うことを教えてください。

山元:研究室でゲームができることですかね!
今度、研究室でスマブラ大会が開催されるんですよ!!
まあ僕は勝てそうに無いんですけどね(笑

ースマブラ大会ですか!それは学年問わず参加可能なんですか??

山元:そうです!
M2が企画して、M1がスコアボード作って、B4がロゴ作って…とみんなで和気あいあいとやっています!!

ーいいですね!私はピットしか使えないんですけど、山元さんは何を使うんですか?

山元:持ちキャラがないんでテキトウに使います!

ー何でも使える人が羨ましいです...

B3にひとこと

ー最後に、配属を控えたB3に一言お願いします。

山元:え〜(笑
配属に後悔がないように、いろんな研究室を見学して先輩の話をきいてみると良いと思います。

ーありがとうございました!

ありがとうございました〜!

山元さんが”偽造”しているはんこたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。